みんなの交通事故体験

父が事故を起こしてしまいました

2018/09/01

70代の父母と、妻、息子2人と私の6人家族です。私は会社勤務ですが、父母はブドウ園を営んでいます。交通事故をおこしたのは、75歳の父です。

昔から父は畑作業に使う軽トラックは、保険に加入していませんでした。「軽トラックはブドウ園の中しか運転しないから人を轢かない。もし事故があっても保険は自賠責保険に入っているから大丈夫。経費節約」というのが父の言い分でした。知り合いの自動車屋さんから、「親父さんは70を過ぎたから運転が危なくなる歳だ、親父さんが大丈夫と言っても、息子のお前が任意保険をこっそりかけておいたほうがいいよ」と言われ、加入しようと思っていた矢先でした。

いつもは軽トラのガソリンをブドウ園までタンクで運んで入れるのですが、その日に限って父はガソリンスタンドまで軽トラで行ってしまったのです。ブドウ園からガソリンスタンドまでの道は狭い裏道になっていて数分なのですが、急に脇道から飛び出してきた近所の犬と子供を轢いてしまいました。柴犬は父の車に轢かれて即死だったようですが、子供は柴犬を追いかけて父の車にすごい勢いでぶつかったそうです。

警察を呼んで実況見分し、もちろん父の前方不注意となったのですが、車検証を見せるとなんと軽トラックの車検が切れていた事が発覚したのです。父は車検が切れていたとは知らずに運転していたそうです。すぐ近所なのに、車検切れでは運転できないのでレッカー車がきたり救急車がきたり田舎の畑道は大騒ぎになってしまったそうです。

幸い、子供さんは命に別状はなく腕の骨折だけで済んだようです。しかし、親御さんからは治療費や慰謝料などの他に、柴犬の賠償金を払ってほしいと言ってきました。こちらも無保険、無車検という重大な過失があるのは解っていますし、警察の人にも前方不注意だと言われました。でも、父の車に飛び込んできたのは犬の方ですし、車に飛び出して体当たりしてきたのもお子さんの方だと思います。

子供の治療費の支払いは仕方がないと考えて、犬の賠償金まで支払う必要があるのでしょうか。ご近所さんなので、直接交渉をして気まずい思いをしたくないので、こういう場合は弁護士さんに入って話を進めてもらった方が良いのでしょうか。